From北海道~「心の元気な創り方」

道産子オヤジ夢北泰平の「心の元気な創り方」

物事を成す上で大切な4つの「気の持ち方」とは?

夢北泰平
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
夢北泰平
道産子オヤジ夢北泰平が皆さんの心の悩み、不安に対し、 立ち直れる様ヒントを綴っているブログです。 北海道から「心の元気な創り方」発信中です!

「気」の付く言葉たくさんありますが・・・。

「気」の付く言葉ってたくさんありますが、今回は行動する上で持っていたい「気」について
綴っていきますね。

そもそも夢北が最初に「気」を意識したのが、中学入学時。

教室の正面(黒板の上)に貼られた「やる気」「根気」「本気」「元気」。

最初は「何!???」って感じだったのですが、恩師は物事に向かうには、

「4つの気」が大事であると教えてくれました。

その時は今の自分に役立つとは思ってもいませんでしたが・・・

今も役立っている「4つの気」~①「やる気」

「やる気」とは自分の興味に気付く事。
人って興味を感じた時、「やってみたい!」って感情が芽生えますよね。
その「やってみたい!」という感情に素直に飛び込む事って大事です。

②根気

興味を持って飛び込んでみたものの、ちょっとした躓きで、「自分には合わない」とか判断していませんか?

根気ってそうした「ちょっとした躓き」をどう自分の今後に生かすべきかの判断材料。
単に「失敗」とだけ受け止めるか、「今後に繋がる」と思えるか。
「根気」とは次に挙げる「本気」であるか試されているんです!

③本気

本気とは諦めず突き進んで行こうとする「心の力」。
結果はどうであれ、本気で向かえば「気付き」は得られるもの。
途中で諦めるより、本気で取り組んで感じた事は、
間違いなく「気付き」を生み出してくれ、今後に役立つもの。

④元気

元気とは前向きにいられる「気」の根源。

「やる気」を持って、我慢強く、頑張って突き進める為には

「元気でいられる事」の大切さがその源にある事がいかに大切か。

まとめ

なぜ「元気」が最後にあるのか?
それは元気があってこそ、「気力」は生まれてくるから。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
夢北泰平
道産子オヤジ夢北泰平が皆さんの心の悩み、不安に対し、 立ち直れる様ヒントを綴っているブログです。 北海道から「心の元気な創り方」発信中です!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 道産子オヤジ夢北泰平の「心の元気な創り方」 , 2018 All Rights Reserved.